Loading

 


山形県大江町 国選定 重要文化的景観プロモーション動画

大江町に関するアンケートにご協力ください

 
COUNTER687792
トップページ > 特産品> 農畜産物・林産物> 枝豆「秘伝」 
枝豆「秘伝」


 「香り、甘み、大きさ、張り、どれも素晴らしい」ことから名付けられたと言われております。大粒で白目のへそが特徴で、山形を代表する豆です。枝豆にしても、大豆にしてもおいしく、特に正月には煮て味付けした大豆にカズノコを入れた、ひたし豆はよく食べられます。
 大江町では主に枝豆用やひたし豆用の青大豆が売られております。日本にはいろいろな豆加工食品がありますが、枝豆や、ひたし豆は豆そのものの旨さをよく味わうことができます。
枝豆「秘伝」
▲香り、甘み、大きさ、張り、どれも素晴らしい秘伝豆 


▶収穫時期

  [9月中旬〜10月中旬]


大豆


▶健康関係(主な栄養成分・注目成分・主な効能)

・アスパラギン酸疲労回復
・アルギニン精力、アンチエイジング、疲労回復、肉体疲労、生活習慣病、筋肉強化(筋力強化)、ストレス
・イソフラボン豊胸(バストアップ)、更年期障害、コレステロール抑制、動脈硬化、骨粗しょう症(骨粗鬆症)
・オリゴ糖コレステロール抑制、糖尿病、下痢、便秘、免疫力強化
・オレイン酸動脈硬化、抗酸化作用、高血圧、コレステロール抑制、痴呆症、アンチエイジング、便秘、心臓疾患
・核酸美肌、体力強化、アンチエイジング、生活習慣病、ガン(癌)
・カリウムガン(癌)、痴呆症、ストレス、精神安定、便秘、利尿作用、糖尿病、高血圧、脳卒中
・グリシニンコレステロール抑制、高脂血症(脂質異常症)
・グルタミン酸脳、利尿作用
・グルタミン(L-グルタミン)体力強化、免疫力改善、免疫力強化、胃腸病、胃、肝機能(肝臓)
・コエンザイム Q10免疫力強化、高血圧、美肌、アンチエイジング、肌荒れ、抗酸化作用、心臓疾患
・サポニンアンチエイジング、毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、肥満、動脈硬化、コレステロール抑制、抗酸化作用、抗血栓
・シスチン美肌、毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、二日酔い、シミ・くすみ・そばかす
・セラミド乾燥肌、アトピー性皮膚炎、美白、肌荒れ、美肌
・大豆レシチン脳、脳機能の活性化、記憶力向上、コレステロール抑制
・大豆サポニンガン(癌)、血行促進、高血圧、抗血栓、抗酸化作用、コレステロール抑制、動脈硬化、肥満
・チロシンアンチエイジング、痴呆症、うつ病
・鉄毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、成長促進作用、免疫力強化、疲労回復、貧血、冷え性
・トコフェロール毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、アンチエイジング、免疫力強化、痴呆症、脳、動脈硬化、糖尿病
・トリプトファン精神安定、不眠症
・ナイアシン肝臓病、血行促進、精神安定、糖尿病、脳、二日酔い、不眠症、毛髪(抜け毛、薄毛、はげ
・パントテン酸(ビタミンB5)毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、疲労回復、ストレス
・ビオチン毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、肌荒れ、疲労回復
・ビタミンF毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、コレステロール抑制、美肌、肌荒れ
・ビタミンB1肩こり、脚気、肝臓病、筋肉強化(筋力強化)、血行促進、ストレス、精神安定、動脈硬化
・ビタミンB6不眠症、美肌、美白、花粉症、抗酸化作用、口内炎、ストレス、精神安定、糖尿病;
・フラクトオリゴ糖肥満、便秘、動脈硬化、整腸作用、虫歯予防
・PS(ホスファチジルセリン)不眠症、集中力向上、脳機能の活性化、脳、記憶力向上、認知症
・マンガン肝機能(肝臓)、糖尿病、骨、骨粗しょう症(骨粗鬆症)
・モリブデンガン(癌)、疲労回復、貧血
・葉酸毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)、口内炎、貧血、動脈硬化、抗血栓、血行促進、妊娠
・リジン肝機能(肝臓)、疲労回復、成長促進作用、集中力向上
・レシチンコレステロール抑制、痴呆症、動脈硬化、高脂血症(脂質異常症)

解説

大豆(だいず)は栄養価が高く、「畑の肉」などいわれています。ことに、大豆(だいず)はたんぱく質含有量が30~35%と高いのが特徴で、昔から重要なたんぱく質源となってきました。
 また、糖質、脂質も豊富なほか、カルシウム、鉄も多く、ビタミン類もビタミンB1・ビタミンB2、ナイアシンなどを含んでいます。
 大豆(だいず)のたんぱく質は含有量が多いだけでなく、必須アミノ酸がほぼ動物性たんぱく質にちかいバランスで含まれている良質なたんぱく質です。いっぽう、大豆(だいず)に含まれる脂質は、体内でコレステロール値を上昇させやすい動物性脂肪と違って、リノール酸を多く含んだ、体によい脂肪油です。このため、中年以後の人には獣肉に代えてというより、獣肉にまさる食品として大豆(だいず)をお薦めします。


枝豆


▶健康関係

主な栄養成分

カリウム、カルシウム、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、メチオニン

注目成分

カリウム、鉄

主な効能

ガン(癌)、痴呆症、ストレス、精神安定、便秘
利尿作用、糖尿病、高血圧、脳卒中、毛髪(抜け毛、薄毛、はげ)
成長促進作用、免疫力強化、疲労回復、貧血、冷え性

解説

枝豆の若い豆には、たんぱく質が多くビタミンB1・ビタミンB2のほかビタミンCも多く含まれ、カルシウム、リン、鉄などのミネラルも多いので、野菜の中では枝豆は栄養価に富んだ食品といえます。ですからビールや酒のおつまみとして枝豆を食べるのは大変よいことです。ただし、枝豆の味付けにつかう食塩は少なめにしたほうが賢明です。


食べ方


 ・枝豆  ・ひたし豆  ・ぬた和え 等


 
 
大江町観光物産協会 〒990-1101 山形県西村山郡大江町大字左沢882-1 TEL:0237-62-2139 FAX:0237-62-4736 E-mail:kanko@town.oe.yamagata.jp
© -2016 Oe Town Sightseeing Product Association All Right Reserved.