Loading

 


山形県大江町 国選定 重要文化的景観プロモーション動画

大江町に関するアンケートにご協力ください

 
COUNTER783004
トップページ > 特産品> 農畜産物・林産物> ヒラタケ(シメジ) 
ヒラタケ(しめじ)


 ヒラタケ(ひらたけ)は夏から秋にかけて、こなら、くぬぎ、はんのき、くるみ、くわなどの広葉樹の切り株、枯れ木に多数重なり合って発生します。ヒラタケの傘は扇形、表面はなめらかで灰色。茎は白くて短い。味にも香りにも癖がなく、汁物、鍋物、炊き込みご飯、天ぷら、うどんなどさまざまな料理に利用できます。煮付けたときの感じや色がかきに似ていることから、英語ではオイスター・マッシュルームと呼ばれます。
 『しめじ』や『つくりしめじ』の名称で市販されているものは、実際はヒラタケで、菌床栽培が主流です。大江町では原木栽培により、菌床のものよりも香りがよく、しっかりとした肉質のものを栽培しております
ヒラタケ缶詰
▲加工して缶詰にしたものも販売しています
ヒラタケ缶詰'



▶収穫時期

  [9月]


▶健康関係

主な栄養素

グルカン、ナイアシン、パントテン酸(ビタミンB5)
ビタミンB1、ビタミンB2、βーグルカン

注目成分および効能

・ビタミンB1肩こり、脚気、肝臓病、筋肉強化(筋力強化)、血行促進、ストレス、精神安定、動脈硬化、糖尿病、肉体疲労、粘膜の強化、肌荒れ、疲労回復、不眠症
・βーグルカンガン(癌)コレステロール抑制、免疫力強化、整腸作用、便秘、肥満


解説

ヒラタケはビタミンB1を豊富に含み、その含有量は一般野菜の平均値の5倍にものぼります。ビタミンB1というのは、デンプン、ショトウといった糖質がエネルギーに転換される際の代謝作用を助けるため、穀物類を主食とする日本人にとっては欠かせない存在です。また、β-グルカン(ベータグルカン)もたっぷり含まれており、これは免疫をつかさどるマイクロファージ、T細胞、B細胞、キラー細胞などの細胞を活性化し、制ガン作用を持つインターフェロンなどを作る働きがあります。


▶食べ方

  ・汁物  ・煮物  ・うどん
  ・てんぷら  ・鍋物  ・炊き込みご飯


 
 
大江町観光物産協会 〒990-1101 山形県西村山郡大江町大字左沢882-1 TEL:0237-62-2139 FAX:0237-62-4736 E-mail:kanko@town.oe.yamagata.jp
© -2016 Oe Town Sightseeing Product Association All Right Reserved.