リンゴ

▲「果物の女王」とも呼ばれるラ・フランス

いちばん身近な果物の一つ、シャキッとした歯応えと程よい酸味&甘さが特徴です。果肉には糖質や有機酸のほか、タンニンやカリウム・ペクチンなどが含まれています。これは血圧を下げたり整腸作用があり、塩分のとりすぎで心配な場合は、生食したりジュースにして飲むといいです。また、下痢をした場合にはりんごをおろし金ですり下ろして、汁を搾って飲むと良く、特に子どもの下痢止めにむきます。皮をむいて食べることも多いですが、便秘の改善のため、皮ごと食されることもあります。生食、リンゴジュースの他、アップルパイ、ジャム、焼きリンゴ等々いろいろな食べ方があります。大江町ではふじ、シナノスイート、秋陽、ファーストレディ等々いろいろな品種のりんごを生産しております。

各品種の特徴と収穫時期

ふじ
現在国内で最も多く生産されている品種です。果実は300g以上と大きめで、酸味が少なく甘みが強いのが特徴。しっかりした肉質で果汁も多く、蜜入りのものは特に人気があります。出荷は10月下旬頃から。

シナノスイート
風味がよく、糖度が高く、ほのかな酸味もあって香りも良好です。大きさは300g〜400gくらいで、果皮には薄く縦縞が入ります。旬は10月上旬頃から。

秋陽
山形県のオリジナル新品種です(H19年に品種登録)。肉質が硬く歯触りが良い、果皮が非常に赤く、糖度、酸味とも高く濃厚な味が特徴です。大きさは350gぐらいです。収穫時期は9月下旬から。

ファーストレディ
山形県のオリジナル新品種です。肉質が硬く歯触りが良い、果皮は非常に赤く、縞が入り、糖度、酸味とも高く濃厚な味が特徴です。収穫時期は8月末から。

食べ方 ・生食の他、アップルパイなどのお菓子、ジュース、ジャム等